サインディスプレイが顧客獲得への第一歩

お店は、お客様にいかにアピールできるかが肝心です。

商品券の購入の人気を今すぐチェックしよう。

資金に余裕があれば外壁などに立派なサインディスプレイを掲げることもできますが、宣伝費が限られていることもあります。窓のサインディスプレイとしてよくみかけるのが、大きな窓にたくさん貼った手書きのポスター。



経費削減にはなりますが、ただ単にペタペタ貼っているだけですとお客様からあまりいい印象を受けないかもしれません。

商品券の種類の情報検索ができます。

ポスターよりもカッティングシートを利用すると、窓から店内も見えるので宣伝効果も高まります。

商品券の情報が必ずあります。

窓に貼るものは、いろいろな角度から見てみましょう。

そのほか、お店のサインディスプレイとしてよくみかけるのはスタンド看板です。

ギフト情報を見つけましょう。

通行人へのアピール度が断然、変わります。

その看板をみることによってお店があることを知り、店内の様子を見に来るお客様がくるかもしれません。

http://jp.reuters.com/article/idJP00093500_20160122_02420160122

ただ、最近は外から店内の様子がみえない、たとえば隠れ家風な喫茶店などもあります。

お店にはってみないとわからないというのは、変なお店だったらどうしようと不安になりがちです。

http://www.47news.jp/localnews/shimane/2017/01/post_20170110000348.html

それだとお客様に利用していただけません。


そういう場合は、電飾看板を置くお店も増えてきています。

スタンド看板ですと看板に掲載する情報は限られてきますが、電飾看板のいいところは、まずは目立つこと、そして数秒単位で店内の写真やメニューなどをかわるがわる表示することができる点です。お店にあったサインディスプレイを考えましょう。

https://tsite.jp/research/index.pl?xpg=PCEQ0112&enq_id=6849

関連リンク

  • 結婚が決まった後、新生活に向けていろいろと準備を進める上で結婚挙式は多くのエネルギーを注ぐイベントの1つとなります。2人だけの簡易挙式や身内のみに限ったものなど、その形態はさまざまですが、参列者が多くなればなるほどいろいろな調整が必要となる傾向が強くなります。...

  • 挙式を挙げるカップルは年々少なくなり、入籍のみの形も珍しくなくなりました。その理由には、そもそもこのセレモニー自体にお金がかかることや、若い人たちへの価値観も変わってきているのです。...